JRA非公認・・の個人競馬情報サイトです。

おうまさんを見に行こうか

Topページ  >  競馬とは?

競馬とは?

競馬の歴史

私達が古代から親しんできたウマは、家畜として飼われてきた歴史はもちろんのこと、人々の娯楽の対象としての「競馬」もまた、深い歴史があります。

それは、人々が農耕を行う際に、ウマを家畜化してきた歴史の道を辿るようです。

古代ローマ時代には、ウマに車の付いた台(当時の戦車)を引かせ、それを競争させることが人々を熱狂の渦に巻き込んでいきました。
この競争は、ウマを軍事目的のために強化させるという目的もあったようで、実際に明治に入ってからの日本においても、ウマを軍事用に強化する目的での競馬が行われてきたという歴史を歩んできています。

このように、ウマを競争させること自体は、かなり古くから行われ、それが現代まで続いてきているということです。

現代の競馬のような、ルールが明確に決められ、人々の娯楽の色がより濃くなってきたのは、16世紀頃から行われてきた近代競馬の登場によるものです。

この近代競馬は古くはイングランドに始まり、それがヨーロッパに広まり、やがてはヨーロッパ列強の国々の植民地などを中心に、世界中に広まっていきました。

世界中に競馬が広まって行くと同時に、競走馬の品種改良も進んでいきました。
世界中の馬がイギリスなどの競馬が盛んな国に持ち込まれ、競走馬としての特性をより色濃くさせた馬として、サラブレッドが次々と生まれ、競馬に投入されていくことになります。

競馬はもともと、英国の上流階級の娯楽として栄えていた歴史があり、日本においての競馬はおおよそその上品なイメージを一見感じさせないのですが、大きいレースなどになると、天皇杯などの特別な階級の人たちが主催するものもありますし、競走馬を所有するにしても、やはりトンでもないお金がかかります。
やはり、基本的には、お金を持っているような人たちの娯楽でもあるんだなと思わせますよね。

日本においての競馬の歴史

日本においても、古くは「くらべうま」といわれる馬の競走があったものの、
現在の競馬の形に繋がる近代競馬が行われるようになったのは、19世紀後半の事。
横浜に設けられていた外国人の住む居留地で行われた競馬がその始まりとされています。

当初こそ外国人が主催し、外国人が楽しむ、あくまで上流階級の娯楽であった競馬は、日本人の手によって開催され、日本人が参加するようなことになるのには時間がそんなにかかりませんでした。

日本では軍用の馬を育てる目的で競馬が行われてきたという歴史を持ちます。
ですが、純粋に競走馬を育てるための競馬も行われ、競走馬そのものを育てていこうとすることを国も認め、援助すら与えるようになりました。

戦前から続いてきた近代競馬は、戦後も基本的な型をそのままに、日本競馬会主催・国営競技を経て、現在の日本中央競馬会主催の競馬と、徐々にその形を変えていきました。

現在では、日本では様々な人たちが参加する、国民的な一大娯楽として人気を博しています。

なお、日本中央競馬会主催の中央競馬とは他に、地方自治体などが主催する地方競馬なども存在しています。
基本的には中央競馬とは別の主催団体ながらも、時折地方競馬と中央競馬それぞれの馬・騎手が、相手の主催するレースなどに特別に出走することもあります。


recommend









最終更新日:2020/7/10